傷や怪我の必要な栄養素

この度の台風で被害に遭われた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

日常生活やスポーツシーンで擦り傷、切り傷、打撲、肉離れなど体にダメージを
負ってしまったらなるべく早く治したいですよね。
一般的にすり傷や切り傷は絆創膏やワセリンで、打撲や肉離れなどの急性期(怪我をして間もない時期)
では、RICE処置が行われます。

image-傷や怪我の必要な栄養素 | よねなが治療院
Rest(安静)・Icing(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)

これらを早期に対処することはとても大切なことです。
ですが、その先の早期回復・治癒を目指すとしたら傷や怪我の修復に欠かせない栄養を
積極的に摂ることが欠かせません。

特に必要となるのが、タンパク質やビタミン・ミネラル(電解質)です。
下記の表を目安に必要な栄養素をしっかり摂りましょう。

image-傷や怪我の必要な栄養素 | よねなが治療院
(日本栄養精神医学研究会 会長 奥平智之医師のブログよりお借り)

 

怪我の治癒過程は下記にように進んでゆきます。
・炎症期
・増殖期
・成熟期

ざっくり言うと、傷になり組織が壊れて周囲に血液やらが漏れ出すのが炎症期。
その後、傷が塞がり、治すために患部に必要な材料が集まりだすのが増殖期。
それらを利用して元の状態に戻そうと再構築が始まるのが成熟期。

あくまでイメージです。
こんな感じで治ってゆくんだなと思っていただければ幸いです。

当然のことですが、傷や怪我の修復には体内の栄養素が使われます。
体内に適切な材料があれば、それだけ修復もスムーズに進んでゆきます。

例えば、筋トレして筋肉をつけたい人で、トレーニング後にプロテインを摂る人と
摂らない人では同じトレーニングをしても筋肉のつき方に違いが生まれるのは
想像できますよね?

image-傷や怪我の必要な栄養素 | よねなが治療院
(創傷治癒のメカニズム)

これらの栄養を取り入れることは、怪我の予防や疲労回復にもお役に
立てると思います。
また、怪我で日々の活動量が下がってしまう場合は、エネルギーの摂りすぎには
注意してくださいね。
また、内臓の動きが思わしくないと、食べれなかったり栄養の吸収が今ひとつだったりします。

体の痛みや内臓活動の不調、疲労回復には鍼治療がおすすめです。