腰痛は構造よりも動きが大事

年齢問わず、腰痛に悩まされている方は多いです。
全国でおよそ2800万人とも言われています(厚生労働省2015年国民生活基礎調査)

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院

そんな腰痛ですが、原因の85%が非特異的腰痛、つまり原因がわからないと言われています。

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院
(画像:明治薬科大学セルフメディケーション学研究室)

残りの15%は、画像診断でヘルニアや狭窄症など腰痛の原因とされるような
所見が特定されたものになります。

一般的に病院では腰痛で受診して、ヘルニアなど腰の構造に問題があれば、症状の原因として
治療に当たることを標準治療としています(他の所見も確認すると思いますが)

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院

しかし、軟骨がすり減っていたり、椎間板が潰れていたり、脊椎が分離骨折をしている
ような診断名のつく所見があっても、全く痛みを感じず元気に過ごされている方は
多く存在しています。

こうなると腰痛で病院を受診し、検査をしてもらって診断名がついたとしても、それが本当に
痛みの原因か分からないということになります。
私もヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をしても痛みが変わらないという方の鍼治療を経験しています。

もちろん手術などの治療が必要なケースもありますので、病院での診断は重要です。

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院

それでも構造の不具合だけでは、本当の腰痛の原因として不十分だとしたら、
その構造の持っている動きが大事になってきます。
動きを邪魔しているしびれや痛みが取り除かれ、ストレスなく動かせることが
出来るようになれば、たとえ構造がそのままだとしても日常を不自由なく過ごせますよね。

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院

鍼治療は、ヘルニアを取り除いたり、分離症の骨折を治したり、脊柱管の狭窄を
広げることはできませんが、痛みやしびれを改善させることは得意です。

image-腰痛は構造よりも動きが大事 | よねなが治療院
痛みがなく動きを取り戻せたら、それを維持するためのセルフケアも
忘れずに!
当院では、鍼治療と併せてセルフケアの方法もお伝えしております。

※この記事は、病院の治療を否定しているものではありません。
痛みなどの症状の原因が構造からくるものだけではないことを
意図しています。