痛風に対する当院の鍼治療

前回、痛風の原因である尿酸値を下げる方法をご紹介しました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
痛風の原因となる尿酸値を下げるには〇〇が効果的だった

今回は当院で行っている痛風に対する鍼治療をご紹介したいと思います。

痛風とは、血中の尿酸が結晶となって関節などに沈着することにより、痛みが生じる病気です。
生活習慣が主な原因と言われています。
症状が重度化すると、尿酸塩結晶が腎臓のなかに沈着が増え、痛風腎となり腎不全の原因となります。

痛風と診断される尿酸値や尿酸の増える原因などは、前回のブログに詳しく説明していますので、
痛風の原因となる尿酸値を下げるには〇〇が効果的だった」をご参照ください。

痛風にお悩みの方の多くが痛みが出る前に違和感や不快感など前兆を感じる方が多くいらっしゃいます。
この前兆段階で対処ができれば強い痛みはほとんど起こらないケースが多いようです。

痛風の前兆が現れた段階で治療ができなかった場合、徐々に痛みが生じ、24時間以内に痛みが最高潮に達すると言われています
その後、強い痛みが続き、個人差はありますが大体1~2週間で症状は収まります。

image-痛風に対する当院の鍼治療 | よねなが治療院

鍼治療は患部には行わない

痛風の施術は、発症している場所にもよりますが、足の親指や足の甲に患部がある場合、まずはじめに吸玉を使ってふくらはぎの張りやむくみを取り除きます。その後、手や足に鍼をして痛みの変化を確認していただきます。

image-痛風に対する当院の鍼治療 | よねなが治療院

施術は症状や患部の場所によって異なりますが、血行をよくする、痛みを和らげることを目的としています。
早く痛みを抑えたい方、薬に頼りたくない方などにお越しいただいております。